読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tokyoは今夜。

東京で今夜も。

  エモーショナル男子問題

「エモい男がいいの」

 

 

大好きな同期と、最近頻繁に話題になる話。

 

 

「好きすぎてつらい」

と、2人でハマりまくっているアーティストのLIVEに行き

とてもじゃないが男性にはお見せできないほど

心酔して叫んで暴れて

なんなら涙まで流して来た我々(笑)

 

なんてったってこのアーティスト、本当にエモい。

女の子が欲しいエモさを、ここまで理解して表現できるとは…

まさに、プロ。

 

 

 

で、エモいって何かというと。

 

 

エモい

 :エモーショナルの略

エモーショナル

 :感情的であるさま、情緒的であるさま。

 

 

  この意味で「エモい」を使うのって

  元々はバンド用語というか音楽業界で使ってたみたいで

  ラウドとかスクリーモ、ミクスチャーなんかで

  「あのバンド、エモいよなー」

  「ボーカルがエモいんだよなー」

  とか、そんな感じで使っていた。(うん、確かに使っていた)

 

 

つまり

感情的、情緒的で、色気がある、雰囲気がある…

そんなさまを、エモい、と呼ぶ。

 

 

 

エモい男

とは。どんな男か。

 

やっぱり「色気」と「美しさ」と「余裕」、

そして「影」なんだと思う。

 

天真爛漫、順風満帆、余裕綽々

そういう人には宿らない才能な気がする。エモさって。

 

痛みや苦しみを知っている人が

その上で醸す空気や言葉や香りが

エモさになるんだろうなあと。

 

 

 

しかしこの、「エモい男」という人種、

私の生きる一般社会においては本当に少数で

今までたくさんの人を好きになったけど

心からエモいと思っている男は1人だけ。

 

もちろん、そのたった1人のエモい男は

誰もが認める超絶モテ男だったし

彼を好きになった女はたいがい

心酔して、落ちて、抜け出せなくなり…

何年も引きずっている心病みまくり女を、私は数名知っている。笑

 

 

 

男性に対して

顔とかお金とか身長とか諸々…

大事だなあと思う要素は山ほどあるのだけれど

 

私が最終的に、心掴まれるもの

それが

「エモい」

ってことに尽きるのではないか、と思う。

 

 

現実なんて見えなくしてくれる、

そのエモさに溺れさせてくれるような人なのではないかと思う。

 

 

エモい男を探し求める私に

イムリーに刺さった言葉。

 

「愛の大きさは、寂しさの深さに、比例する

 裏を返せば、孤独を知らない人からの愛は、いつも少し足りない」

 

 

さすがlily師匠。

エモいわー。笑